スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.08.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    バランサー

    0
      本当に久々の工くんがらみの更新。
      ここのところの売れっ子っぷりはすごいもので、今年の初めも「完全にブレイクだね」なんて思っていましたが、上には上があったか。そりゃあ舞台のチケットも取れないはずだわ。
      NHKでなんと主演ドラマも決定したようで、とにかくおめでとうって感じです。
      もともと気ままに更新してるだけのブログだったので、スタンスは相変わらずですが、情報を網羅してくれているものからファン目線の面白いサイトまでとにかく工くんのネタはいろんな方がUPしてくれているので、読むだけで満足してます。
      といいつつ、ヴィゴ、海外ドラマ、テニス、その他もろもろの情報も押し寄せていたりして、閲覧にも手が回ってなかったりしてるうちに工くんの人気がすごいことになっていて取りこぼしまくってるんですけどね。

      さて、久々に何をか、というと
      ひかりTVサポートの部活DO!内「エンタメ工作部」の企画「自主映画をつくろう!」編にて作成された斎藤工、企画・製作・出演の「バランサー」

      これがまた驚くほどくだらない(笑)

      いや、これほめ言葉だから!

      こういうしょうもないものに目がない私はすでに第二弾始動ということでちょっと楽しみ。


      以下、一応ネタバレ注意&お下劣注意

      人は幸せと不幸のバランスがとれてないといけなくて、それを調整するのがバランサーの役目。
      あばれる君はそのバランスが幸せに傾きすぎてしまったもので、斎藤演じるバランサー登場。
      20分程度のショートムービーで、主役は一応あばれる君ってことでいいのかな。


      衣装は全身黒づくめ。Vネックが首の長さを強調させるわ〜


      本編とは直接関係ないんだけど、工くんはバランサーの成績が悪くて(だったかな)
      延々勃起が止まらないという罰を与えられてるって設定。

      おいおい。なんだその罰。指さしてるし。
      でも確かにすごく嫌な罰だな。


      トイレに駆け込んだ後の、股間のティッシュ・・・
      ノーコメントで。


      俳優業にこっち側とかあっち側とか言うのはナンセンスな気もしますが、そこをフレックスに行き来して、まさにそこに垣根なんてないって感じさせるような俳優になったならいいなと思っております。

      れんあいしゅみれーしょんげーむ?

      0


        ついにきたーーってことでいいんですかね??
        全く未知なジャンルの上、Androidアプリをダウンロードできないので詳細は不明ですが、アプリ紹介をみる限り、なんか凄いですね(笑)

        「楽屋で執事ごっこ!?
        山小屋で二人遭難…!? 」

        「毎話、予告の特別ボイスあり!!
        ストーリーが盛り上がるにつれスチルの過激度もヒートアップ!!?」

        特別ボイスと過激なスチルとやらはちょっと興味ありますが、なんだろう、全然心惹かれないんですけれども

        ハーレクイーン小説は読んだことありませんが、過去に流れていたハーレクイーン小説のCMで、オフィスにてスーツ姿のイケメンが、同僚女性に「僕が王子だからか?」と問いかけておりました。
        そういう勢いのシナリオ感、感じてます(笑)




        祝☆WILKINSONのCM

        0
          単独CM来たーーー


          (photo source : WILKINSON公式HP)

          本日からお茶の間で流れてます!
          まだみれてないんだけど、公式でメイキング動画もみれます。



          うん。いい感じ!



          世界一の伏し目をもつ男

          0
            に認定したいくらい、工くんの伏し目が好きなんです。



            伏し目で口元は微笑んでるこの感じ。いいわ〜

            工くんは大忙しですな

            0

              本当に、本当にご無沙汰しておりました・・・

              管理者ページのトップに、前回の更新70日前。

              70日!?

              そんなにたった?

              という感じですが、たってました。

              この70日の間の工さんの活躍っていったらもう。

              言うまでもなく。

              こんな70日も放置していたブログですが、

              今月はブログに来てくれた方の数が結構増えていて、

              「ミスパイロット」効果?ですかね。


              そりゃあこれだけ間があいたなら、工くんだけでもすっごい沢山の話がありますが、

              その分、今更皆さん知ってるって話しで(笑)

              tumblrもなぜかPCで開けなくなるし、更新遅めですが、ぼちぼちやってます。


              「クリミナルマインド」で検索してきてくれている方、そちらも相当ぼちぼちです。

              シーズン7レンタル開始も始まってますよね(^^)

              結局シーズン9も追いかけられず仕舞いでね・・・


              さて、つっこみどころ満載の「ガラスの家」の感想を書くべきか、書かざるべきか。

              思いったった時に振り返りがちですが、とりあえず今後も「オリンピックの身代金」、「恋」、

              そして多分「剣客商売 剣の誓約」などのスペシャルドラマに加え、

              2014年1月クールでまたもや連ドラ。

              「僕のいた時間」

              しかも三浦春馬と共演。

              ついにきましたか。

              春馬と工を同じ画面で見られる日が!!!

              あの、でも、公式HPのキャスト紹介のとこね。



              工くん、24歳の役なの?
              春馬と2歳差。

              この写真見ると確かに違和感ないんだけど、
              (写真格好いいな!)

              ちょっと無理がありませんか?

              まぁ、大丈夫か。


              それ以外にも、2014年のカレンダー発売決定だったり

              FCイベントin静岡のこととか工くんの仕事っぷりには頭が下がります。

              身体には気をつけてってことで。

              みなさんも昨日あたりから急激に寒いので、体調には気をつけましょう!





              斎藤工×蜷川実花

              0

                仕事から帰ってきたら、工くんの写真集が届いてました。

                素のエロスに溢れた写真達。
                とろんとしたり、優しかったり、真剣だったり、射るようだったり、甘かったり、
                いろんな眼差しがこちらに向けられてるんだけど、
                工くんが見つめているのは私じゃないってことが何故だかありありと感じられてしまう1冊でした。

                自分が実花さんになった感じで私を見つめてるんだわ〜というアホなテンションで堪能しようと思っていたけど、なんかそうじゃない気が。何度も見るうちに変わるかもだけど。
                なんかね人様の情事を垣間見てしまったようなエロさと照れ臭さがあるのです。
                工くんの写真集、というよりは斎藤工×蜷川実花の二人の世界(セッション)を見ているような感じで、なんとなーく疎外感。

                でも工くんの鎖骨が素敵すぎるので、どしどし買いましょう!

                約1回目のプロポーズ ※妄想・暴走注意

                0

                  ご無沙汰しております。
                  毎日毎日暑くて・・・私もPCも調子を崩してましたが、なんとか復活。

                  それでですね。

                  久々にブログを書くとしたらアレしかないですよね。

                  「約1回目のプロポーズ」

                  ちょっと今更感もありますが、私の中ではまだまだトキメキが止まらない。
                  っていうかなんかもう凄すぎて、見返すこともままならず(笑)

                  今回ブログ更新の為に見返しましたら、またもやトキメキで悶絶。



                  見て下さいよ、これ。
                  ニットだし!!!細いし!!!!!優しい笑顔だし!!!!!
                  個人的には昨今の中で一、二を争う素敵さなんですが。
                  衣装もいんですよね。横向きの首から肩にかけてのラインが最高なの!
                  開始すぐから絶叫する私をみる母の視線の冷たいこと(笑)
                  でも仕方ないんです。
                  こんなもん見せられたら。

                  工くんが演じるのは大道具さんシンジ役。
                  シンジ曰く「俺はなんでも作る大道具。パネルも二人きりの時間も」だそうで。
                  キザなことを良い声でさらりと言うんですよ、このイケメンは。


                  極めつけは「27時間の内、27秒だけ俺にくれないかな」と言い放ち、
                  こんなことに〜〜〜〜〜〜


                  ぎゃーーーーーー

                  でたよ。でたよ。
                  伝家の宝刀。
                  お馴染みのあすなろ抱きで27まで数えつつ・・・からの「結婚しよう」

                  あぁ、この27秒の為になら全て捨ててもいい、と思ったファンは私だけではないでしょう。

                  そして一瞬でいいから柳原可奈子になりたかったよね。


                  嬉しさのあまり前から抱きつくカナコ

                  ギュッと抱きしめるシンジ

                  この顔〜〜〜〜〜〜

                  あぁ、もう無理。

                  妄想しないでいられるわけもない。

                  いい匂いがするんだろうな〜とか胸筋の感触はどんなんかな〜とかさ。
                  あんだけすっぽり抱きしめられたら体温と心臓の音に包まれるのよな、とか。
                  あの良い声が耳元で聞こえるってどんな快感なんだろか、とかね。

                  恋する乙女の思考回路ですな。

                  でも友人に「それは恋する乙女じゃなくて変態の思考だ」と言われました。

                  じゃあもう変態と呼んで頂いていいです。
                  全否定出来ない気もするし。
                  何か問題でも?(笑)

                  結論、ただただ可奈子ちゃんが羨ましい。



                  そして工くんはかっこよくて、チャーミングで・・・・・・

                  あぁ好き。

                  結果そればっかりなのでした。

                  でも、もし何かのミラクル企画で可奈子ちゃんポジションになれたとしたら、
                  多分二度と現実に戻ってこられない気がするので、
                  遠くから眺めてる位が丁度いいのかもな。なんてね。




                  FRaU 8月号

                  0


                    本日発売の『FRaU』8月号

                    蜷川実花の部屋 第6回ゲストは工くん。

                    FRaUがハワイ特集の時はなんだかんだ買ってしまうんですが、
                    工くんが載るとなれば購入を躊躇うわけもなく。

                    蜷川さんとの対談1Pとカラーグラビア1P



                    写メなので画像は悪いですが、表情が素敵過ぎませんか!?

                    ここのところ、ちょっとワイルドやセクシーな写真も多くて、もちろんどの工くんも格好いい(ファンだから、仕方ないの!)んだけど、多分どのファンの方にもその人それぞれ「好みの工」ってのがあると思うんですが、私はワイルド路線より、ナチュラル系というかふわっとしたまったり雰囲気系の写真が好きなので、雑誌購入まで至らないということもしばしばありますが・・・
                    こちらのグラビアはシルクのコートなんて着ちゃってちょっと大人な、決してまったり写真ではないもののその洗練された衣装と背景とはうらはらに表情がすっごい優しいのですよ。

                    対談でも蜷川さんが語ってるけど、本当に二人の間には信頼関係があるんだなと感じられる1枚でした。

                    この写真のおかげで益々、写真集が楽しみになってきたよ。
                    もちろんエロも3割増しで期待してますけどね(笑)

                    そして、対談の一説で工くんが蜷川さんの展覧会に行った時ものすごいざわめきが起こったって話があって、お客さん?スタッフさん?両方?が言うに「本物は、びっくりするぐらいカッコいい!」だそう。

                    いや、これ本当ですよね。

                    生タクミの威力たるや。

                    TVでもそりゃ格好良いけど、なんだろうね。
                    他の役者さんもオーラが違うとか、近くで観るとすごい顔が小さいとから透き通ってるとか、いろいろあると思うんだけど、工くんはなんかただただ格好いいの。

                    昔、生で浅野忠信見た時は「光ってる!」って思ったけど、そういうのとちょっと違ってただただものすごく格好いい。興奮して2度書いてしまいました。

                    そう言えば昨晩、深夜番組を見てましたら、一般企業で美女を探す的な企画で出てきた女性が好きなタイプは?という質問に斎藤工と答えておりました。
                    私もファンになった当初は例えば何かの折に好きなタイプ(芸能人)を聞かれても、わかってもらえないことが多いので万人が知っている人の名前を出したりしてましたが、
                    なんか昨日のその映像を見て、工くんの知名度の上がりッぷりを再確認したのでした。


                    『渋谷』

                    0

                      ここのところ工くんの出演情報が目白押しだったり、握手会が決まったり、私事で言えば素敵な工くんファンの方と知り合ったり、初観覧に行ったり、とにかく工くん一色の7月でありますが、最新情報は置いといて・・・

                      やっと『渋谷』を観ました。

                      80分未満の短い映画でその名のとおり渋谷が舞台になっています。
                      工くんと友人でもある今かなり勢いのある俳優、綾野剛くんが主演のこの映画。

                      映画の感想は割愛しまして、ゲスト出演している工くんの話。

                      ゲスト出演って、そうだよね。
                      こんな感じだよね。
                      思った以上にちょっとだったよ。

                      ということでキャプってみました。

                      映画開始1分半程で登場。

                      若者風、工

                      何度も言って申し訳ないけれど、、、、メッシュは鬼門なんだって!

                      渋谷でね、ナンパしてんです。

                      こんな感じで。

                      でもあえなく失敗。

                      急にモノクロ。

                      ということで30秒程の出演です。

                      なんでか私的には工くんとチャラいメッシュ男の相性がいまいちな気がするのですよね。

                      でも、モノクロ静止画のシーン。



                      3連発。
                      こりゃ、めちゃめちゃ格好いいな。
                      しかもなんか若くみえるよね。

                      ということで工くん出演シーンのみのお話でした。


                      『R.P.G 作られた家族の秘密』

                      0




                        久々に工くん出演作品の感想。
                        2003年にNHKでドラマ化された宮部みゆき原作の『R.P.G』

                        **** あらすじ ********************************
                        高校生の所田一美(後藤真希)の父・良介(伊武雅刀)が、刺殺死体で発見。
                        パソコンのデータから良介がインターネット上に疑似家族を作り、「お父さん」と呼ばれていたらしいことがわかる。実の家庭を顧みず、なぜ彼は家族ごっこに興じていたのだろうか。捜査は難航し、刑事の石津ちか子(風吹ジュン)と武上悦郎(伊東四朗)は一美を立ち合わせて、ある計画を実行する。マジックミラー越しに一美が見たのは、父の「家族たち」。
                        やがて、事件は意外な展開から思いもよらぬ結末を迎えることとなる…。
                        *****************************************

                        原作を読んでいたので、原作ありきでドラマを見ると、結末含む内容と一部キャスティングに
                        「うーん」と思うところもありますが、ドラマとして出来は悪くない。

                        ドラマは言うなれば、ネットが社会に蔓延し始めた時代のデジタルとアナログの歪で起きた事件をアナログに解釈した家族愛のお話。
                        原作に比べ、わかりやすく、受け入れやすい内容になっていて、まとまりのあるドラマに仕上がってはいるんだけど、よくも悪くもNHKってことなのかな。

                        原作では人間の「優しさや可能性」など良い部分だけでなく、「残酷さ、狡猾さ、業」などの闇の部分がないまぜに描かれていますが、ドラマ版は基本的に良い部分にスポットを当てて作られています。
                        結局、殺人が起きたりしても、ハートフル(?)な形で物語が終了していくということが原作との大きな違いで、原作と大筋の内容や犯人、どんでん返しやタイトルの「R.P.G」の真の意味が違うわけではないけれど、ドラマはよくある刑事ものになってしまっているのが少々残念。
                        原作を読んだ時に感じるなんだか嫌な気持ちがドラマでは大分薄いです。
                        この物語の中心になっている被害者の所田良介とその娘、所田一美のキャラクターを変えたことでわざと嫌な感じを薄くしたんだと思いますが、それはある種この物語の肝でもあるのでね。それにやっぱり個人的には父・良介のキャラクター変更に納得のいかなさを感じてしまいます。
                        (それにドラマの感じじゃあすぐに救急車呼んだら良介は助かったんでは・・・って気がしますけど・・・)

                        あと味の悪くないサスペンスヒューマンドラマを観たい方にはいいかと。

                        私なら内容は原作通りのまま、満島ひかり主演とかで作りたいわ。
                        父親ももっとイケメン風の人当たりのいい中年だけど支配欲求の強いナルシストみたいな、そんな感じの俳優で!

                        感想というより原作との比較になってしまいましたが・・・
                        肝心の工くんはといいますと、ゴマキ演じる主人公一美の恋人・石黒達也役を演じてます。
                        ドラマ終盤に10分位の出演なので、たいした見どころはありませんが、初々しい!
                        「過去に万引きを2度程している」という設定の役なんですが、完全に更生したということなのか、
                        チャラさとか一切ない優しい若者の役で、可愛いったら。
                        DVDなどにはなっていないので、CSでの再放送が狙い目です。



                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << September 2018 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 『時の香り〜リメンバーミー〜』
                          はぬる
                        • 涙で前が見えない・・・・
                          galideb
                        • 涙で前が見えない・・・・
                          sen
                        • クリミナル・マインド新スピンオフ 「ビヨンド・ボーダーズ」※2/21追記あり
                          galideb
                        • クリミナル・マインド新スピンオフ 「ビヨンド・ボーダーズ」※2/21追記あり
                          すー
                        • 『吸血少女対少女フランケン』
                          galideb
                        • 『吸血少女対少女フランケン』
                          とも
                        • 『カフェ・ソウル』
                          galideb
                        • 『カフェ・ソウル』
                          とも
                        • 『時の香り〜リメンバーミー〜』
                          galideb

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR