スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.08.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『時の香り〜リメンバーミー〜』

    0

      時の香り~リメンバー・ミー~ [DVD]

      韓国映画「リメンバー・ミー」のリメイク映画。
      元である韓国版は観ていないので、純粋に日本版のこの映画の感想です。

      ネタバレしてます

      -------あらすじ------
      1979年、親友の幸子と共に、母校で教職実習を受ける筈だった女子大生の百合(吹石一恵)。幸子の突然の入院で彼女の代わりに通信クラブを受け持つことになった彼女は、ある夜、無線を通じて優二(斎藤工)という青年と交信するようになる。ところが、驚いたことに彼は2001年の世界に生きていたのだ。時を超えた不思議な通信。やがてふたりは、互いの恋愛などを話すうち、次第に打ち解け合っていく。しかしある日、百合は優二の口から思わぬことを聞いてしまう・・・
      ----------------------

      ある赤い月の日に何かの力で22年の時を超えて無線で繋がる男女。
      観初めて最初にイメージしたのは「イルマーレ」的展開でしたが、時間差が22年ともなると恋愛っていうのは難しいので、どういう展開になるんだろうかと飽きずに77分観進めました。

      無線で話すうち、優二の父親が百合が想いを寄せている高校時代の先輩の香取(山中聡)で母親は親友の幸子であるということに気がつくんだけど・・・百合と香取はちょこっといい感じだったりしたので、どうして幸子なんだ!と実は私びっくりしました。

      その事実含め、ラストにいろいろ明らかになっても結局、「22年の時間を超えてまでなぜ二人が繋がったのか」というのが明確でないんですよね。
      出会ったことで何かが変わるわけでもなし、何かが生まれるわけでもない。

      強いて言えば優二が母親(と父親)の過去を知り、百合の思いを知ったことで成長できたこととか。
      二人して自分の気持ちが定かじゃなくて、あまのじゃくな付き合いばかりしていた優二と美樹(北川弘美)だったけど、その関係も少し変わってきて大人になったみたいだし。

      22年という年月、特に1979年と2001年ではバブル崩壊があったり時代が変わった時期でもあるから、要は「恋する気持ち」は時代が変わっても変わらない、ということがメッセージ・・・なのかな?

      最終的に優二は、2001年の百合に会いにくんだけど、そこには立派な教師になった百合がいて、特に声はかけずに彼女を見ているだけ。結局二人は出会わないので物語は終わります。

      タイトルにもなっている「時の香り」という言葉ですが、そこがいまひとつ釈然としない。

      百合は最後の無線で恋が終わったこと。でもそれは優二のせいじゃないってことを伝えて、その後こんな風に締めくくるのね。

      「人は香りを持って生きてるの。その香りがしなくなったとき、人は本当に死ぬの。
      いつでも、どこでも、目をつぶれば香ってくる。生きてさえいれば。」

      どーゆうことなんでしょう??

      それを受けまして、2001年の百合を見た後、優二から最後の無線。
      百合さんは幸せそうだった。と伝えた後の言葉。

      「この前言ってたよね、目をつぶれば香ってくるって。あれ本当だった。」

      これが映画自体の最後の台詞にもなっているんだけど・・・

      どーいうこと?

      「香りを持っている=しっかり生きている」ということで、

      百合からの「恋が終わっても香り(生命力みたいなもの)はなくなってないよ」

      というメッセージを受けまして

      優二は「百合さんの香り(幸せに生きている力強さ)は健在でした」

      ということでしょうか???

      でも「時の香り」というからには「時の」の部分はどういう風に解釈すれば??

      その辺りが曖昧なので、それをどう評価するか迷うところ。
      でもテーマを深く掘り下げずフラットにみれば、悪くない出来。


      長くなったので工くんについては「続きを読む」で

      工くん初出演の映画なわけですが、ちゃんと俳優さんで、安心した。

      すっごい棒読みとかだったらどうしよう、などという不安は単なる杞憂でした。

      初めてでも「上手くやろうみ」たいな変な気負いがないところがいいね。

      もちろん見た目も若いし、演技もフレッシュだけど。

      私としてはびしょ濡れで家に来て、ベッドに寝てしまった美樹の髪を拭く、優二が印象的でした。

      この頃から声の素敵さは相変わらずで、台詞がすごく多いわけではないけど、

      無線で会話しあうので、声の魅力活かされてます!

      若干20歳の工くん、登場シーンから雨でずぶぬれだったり、上半身裸でベットでゴロゴロしたり。

      まだキャーってなるようなセクシーさはないんだけど、若くて華奢な分、より中性的で、普通にきれいだねと思うことがありました。

      同じ顔のお母様とやら、美人さんですなきっと。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.08.15 Tuesday
        • -
        • 18:16
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんにちは。はじめまして。
        以前からブログ読ませていただいてます。
        年末のこの時期に、やっと斎藤さんのデビュー作を観ることができました。私も、どうして、百合が優二に、”人は香りを持って生きてるの。”と言ったのか、そして、優二が何故そのときに、泣きそうな表情になったのかが、??でした。でも、全体的にはとても好きな映画でしたし、斎藤さんの初々しさがとてもよかったです。長々と失礼しました。
        • とも
        • 2014/12/31 1:18 PM
        とも様

        お礼が遅くなりましたが、コメントありがとうございます(^^)
        以前からブログを読んで頂いていたなんてとても嬉しいです。
        デビュー作なだけあって、工くんがとっても初々しいですよね。久々に私も再鑑賞したくなりました♪
        目新しい情報が全くですが…また遊びに来て下さい。
        • galideb
        • 2015/01/04 8:50 PM
        突然失礼します。
        韓国の「リメンバー・ミー(原題「동감:同感」)」の撮影現場に留学していたものです。撮影時にもいました。元ネタの方は何度も見ていますが、日本版は見ていません。
        日本版の方でも「香り」という言葉をそのまま使っているんですね。びっくりしました。
        でもこれはかなり乱暴だと思います。
        というのも、韓国語の「香り(향기)」にはとても深い意味があるからです。私は韓国との付き合いが20年以上にもなりますが、韓国語の「香り」をまだまだ理解できていません。
        韓国語では「香りをまとった人」というと、非常に立派な人をさしますが、この「立派な」も単純に日本語の「立派な」に当てはまりません。
        そのような人からは香りが「見える」ようだという表現もあるくらいです。
        立派でなくても、人はだれもが香りを持っていますが、時とともにその香りを誰かに受け継いでいく、というのが、オリジナルでの「香り」の意味合いになります。
        なので、実は「しっかり生きること」という意味ではありません。
        「香り」という表現を日本版でもそのまま使っていることからくる難しさというか、混乱は仕方ないと思います。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『時の香り〜リメンバーミー〜』
          はぬる
        • 涙で前が見えない・・・・
          galideb
        • 涙で前が見えない・・・・
          sen
        • クリミナル・マインド新スピンオフ 「ビヨンド・ボーダーズ」※2/21追記あり
          galideb
        • クリミナル・マインド新スピンオフ 「ビヨンド・ボーダーズ」※2/21追記あり
          すー
        • 『吸血少女対少女フランケン』
          galideb
        • 『吸血少女対少女フランケン』
          とも
        • 『カフェ・ソウル』
          galideb
        • 『カフェ・ソウル』
          とも
        • 『時の香り〜リメンバーミー〜』
          galideb

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR